" />

引越まとめ集 見積もり

【実費支給!!オススメの引越方法を紹介】自衛隊さんのお引越し

2021年3月23日

✔読者の悩み

・自衛隊の引越が実費支給になったけどどうなんだろう

・実費支給ならどんな引越業者に頼めばいいんだろう

くいくま
こういった悩みにお答えします。

✔本記事の内容

・自衛隊の引越:実費支給でも3社見積もりは必要

・自衛隊の引越:大手引越業者がおすすめな理由

・自衛隊の引越:引越大手3社紹介します

・自衛隊の引越し手当(赴任旅費)の金額

・自衛隊の引越し手当の計算方法

・自衛隊の引越代(移転料)の計算方法

・自衛隊の旅費交通費(移転料)の計算方法

・まとめ

 

✔︎本記事の信頼性

 

この記事を書いている僕は引越業界に10年以上勤務しており営業・現場作業員をしています。国家資格の運行管理も取得しています。
今まで営業や現場作業で感じたことお客様との接客の中で引越する人の悩み・お客様からの目線なども見てきました。

10年以上勤めてきた知識と経験をもとに、読者の悩みを解決していきます。


 

この記事を読むことで自衛隊さんの実費支給について詳しくなれます。

 

どうせ実費支給してくれるならいい引越し屋を使いたいのは当たり前ですよね!

 

実費支給で大手の引越し業者を使う方法もまとめてあるのでご覧ください!

 

自衛隊さんの引越しシーズンの引越し見積もりはすぐに予約でいっぱいになるのはご存じですよね?

 

ですので内示が出ていない状態でも見積もりが埋まって後から困る前に引越し見積もりサイトで無料見積もりを取ってしまいしょう!

 

引越し見積もりNO.1の引越し侍で見積もりを取る方はこちらから☟

>>引越し侍公式ホームページ



 

LIFULL引越し見積もりの45秒ですぐに見積もりを取りたい方はこちらから☟

>>LIFULL引越し見積もりの公式ホームページ



 

自衛隊の引越:実費支給でも3社見積もりは必要

自衛隊の引越:実費支給でも3社見積もりは必要

自衛隊さんの引越見積もりといえば3社見積もりが定番ですよね。

 

2020年夏から自衛隊さんの引越は『定額支給』から『実費支給』に変わったはずです。

 

実費支給になったからといって3社見積もりは変わりません。

 

 

 

自衛隊の引越:大手引越業者がおすすめな理由

自衛隊の引越:大手引越業者がおすすめな理由

定額支給の時は赤字になる自衛隊さんがほとんどですよね。

 

黒字にできた人はできるだけ安い引越業者に依頼して、定額支給のあまり分を得ていたんじゃないかと思います。

 

ただ、『実費支給』になった今、中小企業の安い引越業者に頼まなくていいのです。

 

定額支給も実費支給も3社見積もりをとった中で一番安い金額の引越業者に依頼することになるのは変わらないと思います。

 

実費支給になって変わるのは金額は高くなるかもしれないけど支給される金額が固定されていないので大手引越業者でいいというところです。

 

もともと大手しか使ってないよって人はそのままで大丈夫です。

 

いつも引越業者をどこにしていいか悩んでいる人は今後は安心感や保証もしっかりした大手引越業者に依頼しましょう。

 

そこで便利な引越一括見積サイトを使って一気に見積もり依頼しましょう。

 

引越業10年以上の私がおすすめする引越一括見積サイトはLIFULL引越し見積もりです。

 

引越一括見積サイトは勝手に引越業者を決められるサイトが多いのですが、LIFULL引越し見積もり
自分で業者を指定できるので自衛隊さんの3社見積もりをするのにぴったりだと思います。

 

そこで大手3社を指定して見積もりを取ってください。

 

繁忙期であれば日程を選べなくなる可能性があるので早めに無料見積もりを取ってしましましょう。

 

さっそく見積もりをする方はこちらからどうぞ☟


自衛隊の引越:引越大手3社紹介します

 

サカイ引越センター

サカイ引越センターは【売上・作業件数6年連続NO.1】になります。

 

引越しを利用したお客様の声をランキングにした、オリコンランキングでも【2021年引越会社ランキングNO.1】を獲得しています。

 

サカイ引越センターはマイスター制度を導入しており、技術を磨き、研修棟もあり、引越技術講習も行っています。

 

10分間サービスというものあり、ちょっとしたお手伝いもしてくれます。

 

オリコンランキングのサイト

自衛隊さんは引越経験も多いと思いますのでなんとなくはどこがよかったかはわかるかと思いますが参考にしてください。

 

引越しは日通

 

日通はオリコンランキングで【2021年引越会社ランキングNO.3】に入ってます。

 

ちなみにNO.2は赤帽さんです。

 

かつては日通は2010年度までは売上NO.1だったので経験は豊富な会社になりますので信頼できる引越業者になります。

 

日通は研修センターを設けて作業研修を行っています。

 

お客様満足度のさらなる向上を目指して、引越プランナー研修もあります。

 

 

アート引越センター

 

アート引越センターはサカイ引越センター次いで【売上NO.2】です。

 

オリコンランキングは【2021年引越会社ランキングNO.4】になります。

 

サカイ引越センターと同様にアート引越センターも研修ハウスを設けており、技術を磨いています。

 

エコ楽ボックスも楽で荷造り・荷ほどきがとっても簡単になります。

 

自衛隊の引越し手当・費用(赴任旅費)の金額

 

自衛隊さんは赴任旅費という手当が支給されるのですが赴任旅費と言ってもピンとこないとおもうので簡単に言うと引越し手当になります!

 

定額支給(2019年終了)の場合大体の目安の金額をご覧ください。

 

近距離(50㎞以内) 中距離(200㎞) 長距離(500㎞)
単身 5万円 7万円 13万円
家族 10万円 15万円 27万円

ざっくりとまとめましたので参考にしてください!

 

くいくま
上記の金額を3倍した金額が支給金額の目安になります

 

単身か帯同なのかで支給金額が2倍も変わるので覚えておきましょう!

 

注意

  • 転勤で奥さんが仕事を辞めて引越する場合は、その時までに扶養手続きをしていないと単身の方とみなされ、支給金額が大幅に減らされてしまいます。

 

 

 

自衛隊の引越し手当・費用(赴任旅費)の計算方法

 

引越し代(赴任旅費)の大体の目安をご紹介してきましたが、実際は階級や距離、扶養の人数なので変わってしまいます。

 

赴任旅費の内訳

 

ポイント

  • 移転料(引越し代) →引越し業者への支払い
  • 移転料(旅費交通費)→引越し先への交通費
  • 着後手当      →引越し先に向かう途中の宿泊料、挨拶費用など

 

この3点がすべて計算されたものすべてを足したものが『赴任旅費』になります。

 

しっかり赴任旅費を出してもらうために保険しておくもの

  • ホテルの領収書
  • 航空機や船便の半券や領収書
  • 新幹線の領収書
  • 引越し代金の領収書
  • 配送証明書

 

以上の5点になります!

 

どれも金額が高いのでなくさないようにしっかり保管しておいてください!

 

 

自衛隊の引越代・費用(移転料)の計算方法

引越し代の計算方法は定額の約3倍になります。

 

どのような仕組みになっているかをご紹介します!

 

  • 実費が定額の3倍を超えた場合は財務省と別途協議
  • 3社以上の業者に依頼し、金額を競い合う
  • 最安値の料金で見積もりを提出し、その実費を支給してもらう。

 

自衛隊の各種手当

各種手当は6つあり、ひとつづ見ていきましょう!

 

地域手当

  • 受給者は地域手当の異動保障2年間あり
    (異動後1年間×1、2年目×0.8)
  • 異動先駐屯地が支給地ならば、収入増

 

特地勤務手当

  • 不便さによる精神的負担、不便への処遇
  • 自衛官 23%(与那国)~4%(鹿追(11~3月))
  • 事務官 25%(与那国)~4%(鹿追(11~3月))

 

特地勤務手当に準ずる手当

  • 特地勤務手当を補完する手当
  • 自衛官 5.5%~3.5%
  • 事務官 6%~4%(広域異動手当2%以上受給で2%減)

 

寒冷地手当

  • 暖房用燃料費等生活費の補てん(北海道、本州の一部)
  • 営外者 26,380円から7,360円
  • 営内者 13,190円から3,680円
    ※地域、扶養親族の有無により額が違う

 

広域移動手当

  • 異動の日から3年間支給
  • 異動距離 60㎞以上300㎞未満 5%
  • 異動距離 300以上 10%

 

単身赴任手当

  • 家族帯同せず単身で赴任した隊員を処遇
  • 基本額(単身赴任者全員該当)30,000円
  • 加算額(異動距離に応じ支給)最低8,000円から最高70,000円

 

以上の6つの手当は「異動に伴う隊員及びご家族の不安 - 防衛省」を引用しています。

 

自衛隊の引越しに伴う割引一覧

自衛隊さんの割引情報がある「ベネフィットステーション」の割引されるメニューの一例はこちらです☟

 

引用:異動に伴う隊員及びご家族の不安 - 防衛省

 

こういったお得情報を使って少しです引越料金を抑えることができます!

 

まとめ

まとめ

自衛隊さんの引越は【定額支給】から【実費支給】に変わり、引越料金で選ぶ必要がなくなり、あまり知られていないような引越業者に頼む必要はないはずです。

 

3社見積もりというのは変わらないのでこれからは安心・安全の大手引越業者を3社選択し依頼することをおすすめします。

 

先ほどお伝えした、自分で業者を指定できるので自衛隊さんの3社見積もりをするのにぴったりなLIFULL引越し見積もりで無料一括見積もりをすれば楽かと思います。

 

 

引越し見積もりNO.1の引越し侍で見積もりを取る方はこちらから☟

>>引越し侍公式ホームページ



 

LIFULL引越し見積もりの45秒ですぐに見積もりを取りたい方はこちらから☟

>>LIFULL引越し見積もりの公式ホームページ


 

 

LIFULL引越しでの申し込み手順はこちらの記事をご覧ください!

 


✔他の引越一括見積サイトも気になるよって方はこちらの記事を読んでください☟

-引越まとめ集, 見積もり

© 2022 くいくま引越ブログ Powered by AFFINGER5